今週は、岡山県内から広島県、香川県と小学校の体育館での公演が続きました。児童クラブさんのイベントや、学校行事としての鑑賞教室、地域の有志による実行委員会などなど、主催してくださる方は様々です。天気によって暑くなったり、ジメジメしたり、じーっと座って観劇するには辛い場合もありますが、この時期は比較的気候も良いので、公演にはおすすめです!
体育館って地域や学校の規模によって特徴があって、面白いなあと思います。スポーツのための設備やステージだけではなく、薄暗~いトイレがあったり、ピカピカの会議室があったり、卒業製作のアート作品が並んでいたり…本当に様々です。
公演の際に気掛かりなのは“暗くなるか”ということ。明るいと、夕暮れ時や雨が降っているシーンなどがうまく作れなかったり、影絵の人形がぼやけてしまったりします。
それから“音がどう届くか”ということも要チェック。空間が広いと客席の前方に座る場合と、後方に座る場合とで、ボリュームや音質、聞こえるまでの時間も違ってきます。反響・残響があるので、セリフや音出しのきっかけにも慎重さが必要です。

とは言うものの、こんなふうに様々な会場条件で上演可能なのが、人形劇の強みでもあります!どの公演も、その時間、その場所でしか出来ない、オリジナルの公演です。待っていてくださるお客さまが居るところ、どこへでも人形劇をお届けします(*´∀`)
image

image

image

image

image