今週も、児童クラブさんを中心に、小学生を主な対象とした公演が続いています。岡山県内は笠岡市や岡山市、四国は高知県の馬路村へも行ってきました。(写真は馬路村の川と、そのお隣の安田町の海。山も川も楽しめる、自然豊かな場所でした✨)夏休みの小学生は、どこへ行っても本当に元気いっぱい。もう元気がありあまっている、といった感じです。
さて、今回の「ぼっけえばあさん」から上演班は2人になりましたが、それに伴って舞台のセットなどを軽量化しました。だから、以前よりも荷物の運搬は少し楽になったのですが、音響や照明の機材などはかなり重たいものもあるので、会場が2階だったり、入り口まで車が入れられなかったりすると、やっぱり大変です。職員の方や先生方が荷物運びを手伝ってくださることもしばしば。先日は、元気があり余っている小学生の男の子たちが手伝ってくれました。「おもたっ!」「腰が痛い!!」「手がちぎれるー!!」などと賑やかに言いながらも、協力したり工夫しながら、最後まで運びきってくれました。高学年にもなると、頼もしいなあ、と感心してしまいました。

夏休みも後半戦。暑さなんてお構いなしの子どもたちに負けないよう、私たちも元気いっぱいの作品をお届けしたいと思います!


image

image

image

image